思い立ったら即日開業!?自営業はアイデア勝負

開業届け1つで始められます

自営業を営んでいると聞くと、大変そうというイメージを持ちますよね!実際には開業届を税務署で出すだけで始められてしまうことはあまり知られていません。勿論、事業計画や資金調達、採算性を考えて活動しなければ無職と変わらなくなってしまいますが、雇われずに商売が出来る自由は何よりも魅力的ですよ。営業時間も休日も誰にも縛られることなく働ける自由を手に入れられるのですから、多少の困難は乗り越えるやる気さえあればあとは突き進むだけです。

帳簿は付けないと後で困ります

営業活動を行う上で必要なこととして、帳簿付けがあります。年末を期末として税務申告が必要となり、白色申告・青色申告に関わらず帳簿無しでは申告書の作成もままならない状況となってしまいますよね。簿記未経験であっても、税務署を定期的に訪れて相談すると誤りを指摘してもらえるので、実は恐いイメージがある税務署は正しく申告をしようとする自営業者にとって味方となるのです。初年度に付けた帳簿に誤りが発生することは、想像に難くないことですから専門家として税務署職員も対応しているのでしょう。

赤字でも諦めないことが大切

営業活動を始めた初年度から大幅な利益を出すことは困難です。自営業の開業準備に1年近くかける人がいるのは、それだけ初年度から黒字決算を出すことが難しいことを表しています。自営業者には初年度は多少の赤字が出たとしても、翌年には利益が出せるように事業計画を修正出来る柔軟な経営が必要とされているのですよ。諦めずに事業を継続して行くことが出来れば、徐々に利益を計上し将来の法人化を目指せる所まで進むことが出来るのです。

フランチャイズに加盟するメリットは、すでに成功した実績のある企業や店舗のブランド力やノウハウを得られることです。