会場準備は、注目を受けやすいスタイルで!心理的な影響を与えるテクニックとは?

いびつなブースが人の注目を受けやすい

何かしらの催し物を行う場合は、人からの注目を集める事が大切ですよね。企業の中には、サービスだけに自信があり、サービスを知りたく人々が集まる姿をイメージされている方もいるかもしれません。その様な思いを抱いている企業に限って、人が集まらない物寂しいブースになっている事もよくある話しです。人は、普段と違う姿に対して、意識を高める心理作用がありますよ。新しい刺激は、自身に対して、どの様な影響を与えるのか調べる心理作用が働くためです。ブースは多少いびつな形が望ましく、ブースの壁に凹凸を設けるテクニックもお勧めです。

白色系と暖色系の照明を扱うテクニック

照明には、主に白色系と暖色系の二つに大きく分かれていますよね。ありのままの姿を見せるのであれば、白色系の照明を利用する事が一般的です。私達の心理の中には、オレンジ色の暖色系を見る事によって、心に強く影響を与える時間帯が日々ありますよね。それは、夕日であり、暖色系を利用すれば夕日の様な効果を狙う事が出来るのです。夕日は、手に触る事ができませんよね。手に届かない様な場所は、暖色系の照明が望ましく、間近で見てもらう場合は、白色系の照明を使う事がポイントです。夕日の光を浴びている様な場所は、遠くからでも光を放っている様に見せる事が出来ますよ。

角度45度に設置するテクニック

デザイナーのテクニックの一つに、角度45度と呼ばれる手法がありますよ。45度とは、正面などの平面に対する45度です。正面と差が生まれる事によって、安定的な特徴を作り出す事が出来るのです。差が生まれる事によって、見せたい姿をより特徴的に紹介する事が出来ますよね。ただし、全ての内容を45度にしてしまうと、特徴が分散され45度の魅力を損ねてしまいかねません。そのため、一つや二つに抑える事がポイントです。会場以外にも、人に見てもらう事を必要としている姿は山ほどあります。カタログや、洋服店など様々な場所に足を運び、45度に関する参考資料を集めておく事もポイントです。気に入った姿があれば、そのまま利用する事も出来ますよね。

展示会の施工を手掛ける専門業者では、様々な要望に対応している他、豊富な実績をもとにしたアドバイスも行っています。