しっかり学ぼう!代理店とフランチャイズの仕組みとは

脱サラをする様々な方法

現在サラリーマンとして働く人の中には、自身のキャリアや経験を活かし、脱サラしたいと考える人がいます。しかし実際に踏み出す勇気がなく、尻込みしている人も少なくありません。そんな人の強い味方となってくれるのが代理店契約やフランチャイズ契約です。どちらも様々な特徴やメリット及びデメリットが存在し、現在の状況や目指すものによってどちらを選べばよいのかどちらか一方に固執するのではなく、双方をしっかり比較検討し、選択することが重要です。

代理店の特徴、メリット及びデメリット

代理店とはメーカーの特定の商品やサービスを代わりに提供する契約を結ぶことを指し、一から自分で商品やサービスを用意せずに事業を開始することができます。また初期投資なども特に必要ない他、ある程度自身の裁量によって事業を行うことができるので、大きな売上を立てることも可能というメリットがあります。一方デメリットとして挙げられるのが、売上保障がないため、何らかの事情で売上が確保できない場合、収入が途絶えてしまうことがあります。またノウハウなどが確立されておらず、全て自身の手で売上確保をしなければならないというのもデメリットと感じる人もいます。

フランチャイズ契約の特徴及びメリットとデメリット

フランチャイズ契約とは親会社が加盟者に対し、商標や経営ノウハウなどの提供を行い、売上の一部からロイヤルティーの支払を受ける契約体系のことです。代理店契約とは違い、経営ノウハウなどの提供を受けることができるので、未経験であってもある程度の売上確保を行うことができます。また売上保障もあるため、全く売上がないという事態を避けることもメリットの一つです。一方デメリットとして挙げられるのが、売上に対してロイヤリティーの支払いが決まるため、利益が頭打ちになってしまう点や、契約解除による多大な違約金などをどう支払うのかといった点などがあります。それぞれをしっかり比較検討し、自身に合った方を選択することをお勧めします。

ここ最近、保険代理店の募集が増えています。保険代理店は副業としても本業としても稼げるメリットがあるので、応募してみるとよいでしょう。